☆☆☆MP3ならここが最安値です☆☆☆
スポンサーサイトアイポット
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
blogの本アイポット
2005 / 10 / 10 ( Mon )
Blog Hacks ―プロが教えるテクニック&ツール100選
オライリー・ジャパン

価格:¥ 3,045
中古価格:¥2,500
おすすめ度:3.8

日本発のHACKS
2004年8月6日リリース。オライリーのHacksシリーズにおいて大変珍しい『日本発』のHacksである。著者の宮川氏はライヴドアの執行役員である。

今やBlogの時代と言っても過言ではないだろう。著名な人々はホームページを持っている、ということではイマイチで、Blogを書きつづっています、というのが重要なアイテムになりつつある。2004年8月リリースのこの本はそういう『今』を見透かしていたかのような内容で、宮川氏らを中心とした日本のHackな連中が惜しげもなくワザを次々と繰り出してくる。(●^o^●)

白眉は5章の『Movable Type』の部分であろうがそれ以外も内容充実、ライブドアのBlogなどのサービスを作った池邊智洋氏も顔を出す。じっくり読みたい一冊である。

基礎から作るMovable Typeブログデザイン―オリジナルBlogをデザインすることからはじめよう
ソシム

価格:¥ 2,310
おすすめ度:4

ブログの構造を基礎から
ブログの構造からじっくりと学びながらメインページの最初の一行目から作っていく人には詳しくとてもよいと思う。
またブログを運営していてカスタマイズのわからない部分だけ勉強するといった使い方も出来ると思います。
しかし時間が無くて手っ取り早く、楽してカスタマイズをと希望する人には、あまり本書は向かないかもしれません。

Flashでデザイン差がつくBlogサイトの作り方
アスキー

価格:¥ 2,730
おすすめ度:5

Flash とテキストデータの連携によるウェブサイト構築
Flash の中級解説書です。Flash や HTML などについて、相当程度の前提知識を要します。楽しいけれども、初心者が気軽に手を出す本ではないように思われます。

Flash はウェブのインターフェースに革新をもたらし、作品としてのウェブアニメーションにとどまらずレイアウトも含めたデザイン全般をフォローする実力を有しています。また強力なスクリプト処理機構をも備えるに至り、機能面においては新しいウェブサイトの形を提案する条件が揃いました。

では現実にはどうか。多くの Flash は、相変わらずワンポイントに用いられているに過ぎません。本書は Flash とテキストデータの連携について詳述し、Flash を閲覧者にとっても嬉しい形で全面的に取り入れたウェブサイト製作を解説します。

本書はバックグラウンドの処理に MovableType を用います。しかしきちんと解説を読み込むならば、MT は一種のデータ処理ツールに過ぎないことに気づかれるはず。タイトルは「blogサイトの作り方」ですが、本書から得られる知識・考え方の応用範囲は非常に広く、ブログはあくまで一例です。夢の広がる1冊です。

Dr.BlogのMovable Typeスタイルデザイン&テンプレート集
ソーテック社

価格:¥ 2,919
おすすめ度:4

初心者向けの「テンプレート集」活用教本
MovableType の入門書です。本書は「初心者ユーザが、付録 CD 収録のテンプレート集を活用するための技能を身につけ、HTML や CSS について不勉強なままきれいなブログを運営できるようになるための本」です。

MT のテンプレートは、一般人向けの画像素材などと異なり、簡単には扱えません。MT の基本的な仕組みと考え方、テンプレートの構成、スタイルシートの初歩、HTML の断片的な知識などが身についていないと、サッパリ理解できない作業を要求されて挫折します。

そこで本書は、アッサリ割り切った紙面構成と解説スタイルを採用し、システマティックに技能を高められるよう工夫しています。先生と生徒の対話形式も楽しい。紙面はカラーでイラストも豊富です。ていねいに読み進めば、不安は何もありません。類書「即実践!ブログ徹底カスタマイズ術」よりは、本書を勧めます。

最後に注意点をひとつ。本書を読んで HTML や CSS を「わかったつもり」にならないこと。テンプレートタグも、巻末付録だけ眺めたって全貌を理解することは困難です。「本書の先にある領域」へ進むためには、多く学習ステップが必要です。限界を知りつつ使うなら、素晴らしい1冊といえましょう。

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アイポット シャッフルについて色々と | ホーム | 『野ブタ。をプロデュース』 白岩玄>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ipodipod.blog23.fc2.com/tb.php/14-7d2f0e20
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。